▼Nゲージ「HOBBYTARIN & BACHMANN 修理」

まずは、こちらの車両から作業を開始します。

現状ですがまったく速度が出ません。

こちらの車体、とにかくボディーが開きませんでした。これ以上は車体を破損させてしまう心配がありましたので、あきらめかけたところ、最後にトライしてようやく分解できました。

国内メーカーの基盤とは根本的に違う並びですね。基盤およびモーターなどもすべてを一旦取り外して個別にテストを行い問題個所を特定していきます。

調整と走行テストを繰り返し行います。

ボディーの分解をしやすくなるように、内側を加工しておきます。

最後にボディーを被せて走行テストを行い作業は完了です。次に進みます。


次にこちらの機関車ですが、大きな振動とゴトゴト音がかなり出ます。


部品が損傷しているため直していきます。


内部のギアがすべて割れていて車輪がすっぽ抜けてしまう状態です。これは非常に難しい修理となりそうです。SLはロッド調整が非常に難しいので集中して作業にあたります。

個別ギアのデータを取り、ギア自体を制作していきます。

▼Zゲージ「メルクリン機関車修理」

Zゲージの修理依頼は初めてとなります。とにかく小さいので難易度はNの比ではありません。しかもメルクリンの蒸気機関車です。

まず、現状ですがモーターが回りません。さらに分解していくといくつかの問題を抱えていることがわかりました。

まずモーターを取り出して単体でテストを行いましたが、どうやら内部で断線しているようです。このモーターはもう使えません。

また、分解することを想定していないため内部のローターを取り出すことができません。

次に、動輪の回転テストですが所々ひっかります。そこでギアすべて取り出して、確認してみたところモーター側に伝達する中間ギアの形状が変わっていることが確認できました。そこで、全分解して問題のギアを取り出し、精密ヤスリを使ってピッチを研ぎ直してスムーズに回るまでこの作業をひたすら繰り返します。ちなみにギア自体も非常に小さいため、至難の業です。

この作業だけで、半日を要しました。そして、各動輪のバランスとりに数時間。ようやく、すべての動輪がすべてスムーズに回るようになりました。

恐らく、これが原因となって車輪がロックした状態で、高い電圧をモーターにかけたことで大きな負荷がかかり、内部のコイルが焼けたのだと思われます。

次はモーターですが、復活不能で既にモータはお亡くなりになってますので、代用できそうなモーターを探して組み込むわけですが、当然そのままでは取り付けできません。

まずは、肝心のモーターですが12V仕様の超小型モーターが1つ出てきたので、これが使えるか試してみます。サイズ的には問題ありませんが、トルクがどこまであるかです。

▼軸径の変換

モーターシャフトとウォームギア内径の変換パイプを作る必要があります。「軸径:1.0 -> 1.5」

▼もう一つの選択

超小型モーターを調べる中で、ワールド工芸「#1011WSB-S」がサイズ的には入りそうです。上記のモーターが難しい場合は、こちらのモーターも選択肢に入れておきます。


3Dプリンターで「外形:1.5mm/内径:1mm」のパイプを作ります。

なお、ここまで小さいウォームギアは当店のストックにはなかったため、知り合いのお店さんより数個ほど分けていただきました。モーターについては、ワールド工芸と同等サイズのものが1つ見つかりましたので、そちらを使います。それでは早速組み込んでテストしてみます。


中間の伝達ギアとの絶妙な高さ調整が求められます。わずかにずれると抵抗が大きくなりスムーズに回らなくなるので、ここでもしっかり時間をかけていきます。

高さ調整のため、t1.0のプラバンを下に置き、後部にt0.3のプラバンを配置して絶妙な位置で固定します。回転テストでは大変スムーズな車輪の回転を確認できました。次に抵抗を接続して電流量を調整します。

Zゲージ(軌間:6.5mm)のレールが無いため、急遽N用フレキ線路を加工してテストレールを作ります。

調整とテスト走行を幾度となく重ねて、ようやく動きました。ライトもLED化され、低速時でも明るく点灯します。作業完了でございます。

▼Nゲージ「KATO E257系 窓埋風+ヘッドマーク加工」

現状はかなり暗くなっているようです。

ヘッドマークの部品を取り出して、印刷された部分を削ります。

右が削ったあとです。

今となっては非常に入手の難しい貴重なシールに印刷を行い、さらに表面に特殊な処理を施して、高光沢仕上げとしております。


▼窓埋めと座席撤去

今回は、窓のパテ埋め処理ではなく塗装のみで行います。まずは車内の座席を撤去するための加工を行います。

最前列の座席をカットしていきます。

まずはニッパーでカットした後、ルーターで処理を行い最後に1500番ペーパーで丁寧に仕上げていきます。


次に窓なし風の加工ですが、埋め処理による方法ではなく塗装のみで再現します。まずは、窓枠のシルバーを本体色に塗装します。

窓ガラスと塗装します。

次に窓枠のシルバーを塗装します。

右窓と比較すると、窓枠の塗装前と後の違いがよく判ります。


次に反対面です。こちらは白ですが、若干黄色味を帯びているので、調合して近似色を作ります。

まずは、窓からです。

続いて、窓枠を塗装します。

裏面にアルミテープを貼って遮光します。

作業完了でございます。

▼ぴょん鉄ショップより「6~7月予定品:Oゲージ用1/45 軌間:32mm ディスプレイケース高架橋タイプ」

詳細につきましては、今後お知らせしてまいります。

▼Nゲージ「EF58 35号機/150号機 改造加工」

▼先台車短縮加工 ※35/150号機

台車の短縮加工が2台とも完了。


▼デフロスター制作+取り付け ※35号機


▼屋根ルーフ裏面加工 ※35/150号機

「内径:幅:22.4mm/高さ:1.0mm」に合わせて透明プラバンを切り出して、裏から固定します。※透明プラ t0.15


▼SGホース設計+取り付け ※150号機

データが出来上がったところで、3Dプリンターで出力します。


2側にも同様の加工が施されております。


少々見づらいですが、はしご横に制作したパーツが取り付けされています。2側にも同様の加工が施されております。

作業はすべて完了でございます。

▼Nゲージ「マイクロ EF59-15 テール点灯改造」

マイクロ製電気機関車のテール点灯改造でございます。2004年ごろに発売された製品です。

こちら側を点灯ご希望ということでございますので、そのように加工いたします。

作業の中で最も難しいのが、テール中心への穴あけ作業です。特にこちらの製品では、出っ張りとライト面が小さいので、難易度が高いです。

左から順に使用していきます。まずは、現状のテールの出っ張りをニッパーでカットします。次にセンターにあたりを入れます。(最も重要)。

まずは、0.3mmのドリルで貫通させます。力の加減を誤るとすぐにドリルが折れるので、慎重に進めていきます。貫通したのち、0.5mmのドリルに交換して径を広げます。

0.5mmの光ファイバーを埋め込み断面をドーム状に加工します。

「1608赤色チップLED」を直列で繋ぎ、テールの位置と合うように配置します。次に基盤に接続しますが、抵抗値をやや高めにして配線します。

テスト点灯させてみます。

LEDの配置などの微調整を何度か行い、明るさのバランスがとれたところで、作業は無事完了いたしました。

▼HO/16番ゲージ「踏切点滅+サウンド」

今回のご依頼は、踏切の点滅とサウンドを再現したいとのことで、遮断機の上げ下げなどのギミックはなくて構わないそうです。

それでは作業を進めていきます。

持ち込まれた加工対象となる「津川洋行製 踏切セット」ですね。こちらに組み込んでいきます。

まずは、チップLED(赤)をそれぞれ埋め込んでいきます。

配線は2線となるように、極性変わることで左右の点滅を変えるように配線します。極性の制御はマイコンに行わせます。

比較的シンプルな回路でございますので、作業時間短縮のためブレッドボードにそのまま配置します。

ボタンを押すと点滅と踏切音が鳴ります。

各種ハンダ付けと配線は、お客様ご自身で作業されるとのことですので、作業はここまでとなります。

▼大友製作所 「MP-312 Mk-Ⅱ 修理対応」

ぴょん鉄でも初めて扱うものです。

テストにモーターつないでおきます。ちゃんと回っていますね。

何度か試しているうちに、すべての操作を一切受け付けなくなります。このタイプの故障は問題個所の特定が非常に難しく、使用直後は正常に動作するが、しばらくすると電源が入らなくなり、またしばらくするとまた動くといった現象です。従来の故障の多くはFET(電界効果トランジスター)とその手前の部品でしたが、今回は症状から見ても他に原因がありそうです。ちょっと時間はかかりそうですね。

ネジ固定ではなくカシメになっています。ドリルを使ってすべてのカシメを削ります。

中はこのような感じです。

まずは、それぞれの配線を確認して全体の回路構成を把握します。次に、直流波形(右)の出力が不安定です。

パーツの損傷およびハンダクラックがないか1つ1つ確認しながら手をいれてから、電圧とパルスが正常に出力されているか確認していきます。地道な作業が永遠と続きます。

個別の基盤を取り出してさらに詳しく見ていきます。

レギュレーターは、ソケット式に改良して、現在発注してある部品とすぐに交換できるようにしておきます。

さて、ここまで電解コンデンサー、セラミックコンデンサー、ショットバリアダイオード、トランジスタ他、すでに劣化した部品を一通り交換してきました。そして現在発注済みの3端子レギュレーターも新品に交換いたします。当初は、メイン電源に問題があるのではと考えていましたが、どうやら違うようです。現時点でどの基盤に不具合が生じていたかの特定はできておりますが、あと一歩が遠いですね。最も疑わしい部品が「トロイドインダクタ」ですが、次はこの部品のテストを行います。

ヒューズの機能も確認します。

コンパレーターICも2個とも新品に交換します。(14pin x 2 = 28pin)を1つ1つ外します。

まずは1個外れました。

なんとか2個外れました。

次にICソケット(14ピン)を使います。そのままICにハンダ付すると熱で破損する可能性もあるので、ソケットを使います。

このようにソケットが付きました。

ICの交換が完了です。

直流波形

パルス波形

今回の作業では、怪しい部品(寿命?)は、ほぼすべて交換しました。そのため、非常に時間もかかり問題の個所に辿り着くまでにかなりの時間を要しました。

結果、ようやく動くようになりました。

最終確認として、連続した走行も特に問題が出ないことを確認しました。あとは基盤を所定の位置に戻して固定し、カバーをネジ固定に作り変えれば完了です。あともう少しです。

このように、ネジを内側から固定するパーツを作ります。

このようになります。

最後にもう一度動作確認を行って作業は完了しました。

▼Nゲージ「KATO E257系 ライト輝度調整+トイレタンク取付」

まずは、ライトの輝度調整です。もう一方の先頭車と明るさがまるで違いますので、輝度を下げる方向で作業を進めます。

抵抗値を上げる方法で輝度を下げます。

まずはヘッドライトの点灯確認ですが、一方の先頭車と同じような明るさになりました。

続いてテールライトですが、違和感ない明るさに落ち着きました。


トイレタンクの組立・塗装・取り付けです。

「ニュートラル・グレー」で塗装します。

個々のパーツを塗り残しがないように念入りに塗装します。

塗装が終わったところで、パーツを組み立てます。

取り付けには、カプラーをいったん外します。

もともと床下に一体成型された突起をニッパーで根元からカットしておきます。

パーツをゴム系接着剤で適切な位置に固定します。

接着が完全に乾くまでこの状態にしておきます。作業完了でございます。

▼Nゲージ「西鉄2000形ライト発光偏り修正」

当時のマイクロ製品で、よく見られる左右の明るさの違い(左が明るく右が暗い)を調整していきます。作業方法は、車種ごとにやや異なりますが、基本的な考え方は一緒です。

まず、なぜ左右で明るさが違ってしまうのかについて簡単にご説明いたします。

まずは、こちらの図をご覧ください。

光源が中心に配置されている基盤です。この場合、左右のライトの明るさは同じとなります。主にTOMIX/KATOでは、このスタイルとなっていることが多く、左右の明るさが極端に違うことはあまり見られません。次に

こちらの図では、光源が左右に配置されている基盤です。この場合、左右のライトの明るさが違って見えることがよくあります。これは、発光面までの距離が異なるためです。上図では左がヘッドライトとなりますが、左面のライト発光面までの距離が短く、逆に右面までの距離が遠くなります。この差が明るさに影響します。しかしながら、すべてこのような症状となるわけではありません。光源が電球?LED?、プリズムの透明度、大きさや形状の違いなども関係するため、影響が少ない車種もあるのも事実です。


▼Nゲージ「KATO C62 ライト明るさアップ+トラクションタイヤ交換」

先にテンダーとキャブを外してから、写真の位置で持ち上げるとボディーが外れます。その際に正面のパーツも引き抜きます。

3mmのLEDを削り込んで埋め込みます。削った面は黒で遮光します。

on/off機能は解除して、常時点灯モードとなります。

次にトラクションタイヤの交換ですが、ピンセットで剝がそうにも車輪にこびり付いており剥がれません。

やもえないので、すべて分解して車輪にこびりついた古いトラクションゴムを削り落とすところから作業する必要があります。

車輪を取り出して磨きだしを先に行います。

作業完了でございます。

▼ぴょん鉄ショップより「N/HO用アクリル製ディスプレイケース発売」

アクリル製ディスプレイケースのご案内です。主に機関車を飾ることを目的として制作いたしました。素材は、3mm厚の透明度の高いアクリルを採用しております。ベースはアルカンターラー調マットを使い、レールはアクリルを使用しております。

アクリル樹脂の特徴は、透明度が高く厚みによる曇りが少ないく丈夫な素材ではありますが高価なため、安価なディスプレイケースの場合、「ポリプロピレン/ポリエチレン/ポリカーボネート」などの素材が使用されることが多いようです。

▼ディスプレイケースの重要性について

ディスプレイケースの重要性は、展示物の魅力を最大限引き出す上で大変重要なアイテムの一つです。また、照明効果とアククリル素材の相性も良く、高級感のある演出効果も期待できます。

▼HO/16番用は受注生産 ※Nは在庫ストック

N以外のスケールは、ご注文を受けてからの制作となります。


▼[Nゲージ用]アクリル製ディスプレイケース「外形:210mm/レール長:198mm」・・2,200円(税込)


▼[HO/16番]アクリル製ディスプレイケース「外形:300mm/レール長:288mm」・・4,180円(税込)

※一般的な機関車の展示に最適なサイズでございます。


▼HO/16番 アクリル製・ディスプレイケースW「外形:350mm/レール長:338mm」・・5,280円(税込)

※上記のレール長に収まらない場合は、こちらのワイドサイズをご用意しました。EH-xxなど2連機関車に対応可能です。


▼Nゲージ「BACH MANN DD40AX修理」

現状を確認します。

ギアが割れてしまっています。すべてのギアを作り直します。

すべて割れています。

ギアが出来上がったので、実際に組み込んで嚙み合いを調整していきます。

集電部も真っ黒ですので、一通りメンテを行っていきます。

スムーズに回転するまで、ピッチの調整を行います。

すべてのギアを制作して入れ替えました。

本体側の接点部も汚れとグリスで真っ黒でベタベタしてますので、こちらもメンテします。上がメンテ後の接点です。残りもすべて研ぎ出します。

続いて、片側のモーターの回転が不安定のようです。いったんすべて分解して調整を行います。

一通り問題となっていた個所の修理が終わったところで、テスト走行して様子を見ます。

よさそうです。

ボディーを被せて、さらに15分程度往復運転を行ってから問題なければ修理は完了となります。

最後にギアに少量の注油を行って、作業は無事完了しました。

▼Nゲージ「マイクロ製品 922形ライト修理他」


▼A0496 922形サーチライト修理


▼A0614-6 113系LED加工+M車同調

こちらの製品は旧製品ということで、電球が使用されていますのですべてLEDへ置き換えます。

M車2両の速度差を確認して、どのように処理するか考えます。

分解と各種調整を何度か繰り返しながら出来るだけ近い速度になるように調整していきます。


▼A0980 785系ライラック LED加工+M調整+ヘッドライトパーツ製作



▼HO/16番ゲージ「パンタ交換+M車修理他」

破損したシングルパンタをPS16形パンタへ交換します。

碍子を1ずつ持ち上げてパンタ本体を取り外します。

碍子を取り付けます。

碍子を1本ずつ上から慎重に押し込んでいきます。少しコツがいります。


▼付属パーツ取付


▼M車不動修理

ピクリとも動きません。

分解して1つ1つ確認して問題となっている個所を特定していきます。

モータ本体がまったく回っていませんので、いったんすべて取り出して各種接点を始め、モーターの単体テストと各種調整と確認を繰り返します。

作業は少々手間取りましたが、無事に安定した走行を確認できました。作業完了でございます。

▼Nゲージ「TOMIX 新幹線200系 モーター換装+カプラー交換」

今回の作業では、モータの換装(2台)とカプラー全交換の作業でございます。

取り付けには、台車をいったん外す必要があります。


▼モーター換装

こちらがの入れ替えるモーターです。

換装にはすべて分解する必要が生じます。

組込み後の調整なども行います。一方の車体から異音が出ているため、こちらの調整にはやや苦慮しましたが、作業は完了です。

モーター換装および、カプラーの全交換の作業は完了しました。

▼Nゲージ「ARNOLD M車修理」

外国製車両の修理となります。まずは、現状確認を行ってみたところ、ギアからの異音と空回り台車集電不良など簡易テストの時点でいくつかの問題点が確認されました。異音と空回りは、恐らくギアd損傷による症状と思われます。

写真からもおわかりの通りう、ギアが経年劣化により割れてピッチがずれてしまっています。ギアにつきましては新規に作るほかありません。


▼現物スキャンとデータ制作

スキャナーで細部までしっかりと取り込むため、「1200dpi」で読み取ります。

制作したギアに問題がないかを回転テストと調整を繰り返し行い、ピッチを手作業で削り仕上げていきます。

ようやくギアが完成して組込み完了です。次に集電系を一通り見ていきます。

上回りもすべて分解し、モーターを取り出し単体テストを行い確認と調整を行います。

走行テストと調整を繰り返します。問題がなければボディーを戻していきます。

作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「KTM EF81 駆動系修理」

モーターの回転が非常に不安定で音と振動があります。

モーターそのものに問題をかかえているようです。

回転のブレが大変大きいです。

周りのパーツも外してより詳細に見ていきます。

モーターの回転がだいぶ安定したところで戻します。

カプラー加工へと移ります。

最後に車輪を磨きだして作業は完了となります。

走行テストOKです。作業完了です。

▼Nゲージ「近鉄21000系アーバンライナー・リペイント」

まずは、車体を分解します。

屋根もすべて外します。

24時間乾燥させてから、仕上げとして「UVクリアーコート」を車体全体に3~5回に分けて重ねていきます。

「UVクリアコート」作業が完了です。6時間ほど自然乾燥させてから、車体を組み戻して作業は完了となります。

作業完了でございます。

▼Nゲージ「ミニレイアウト修理+電飾化」

今回の作業では、ミニレイアウトのターンテーブル通電不良における修理と建物への電飾化のご依頼でございます。

釘をすべて抜いてから線路の接着をはがして、ようやく外れました。

裏はこんな感じです。

すべてのネジを外して分解します。

まずは接点のメンテと各種調整を行います。

最後にすべてのセクションの通電確認を行い問題がなければ次に進みます。


▼電飾加工

「電源・電圧」を5Vに設定して、各建物に電飾を埋め込んでいきます。

作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「KTM EF65 テール点灯改造他 ※スイッチ組込」

まず、ヘッドライトの色合いをより白系に近い電球色ご希望とのことです。

現状の電球色としては問題ないレベルの色合いではありますが、「より白っぽい感じで」とのご希望でございますので、すべて作り変えます。

色合いにつきましては、個人の好みにもよりますので難しところです。電球色の範囲としては以下の通りとなります。今回の作業では、白色LEDを使い、色合いを調整しながら埋め込むかたちとなります。今回は4,000K(かなり白っぽい感じ)となるようにしてみます。

まず、ヘッドライト用の配線をすべて取り外して再構成します。

薄くクリアオレンジを重ねて、目的の色になるまで点灯と確認を繰り返していきます。

目的の色合いになったところで、車体に組み込んで配線していきます。ヘッドライトが終わったところで、次はテールライトに作業は移ります。

写真で見るよりさらに白っぽい感じで光ります。

テールもばっちり点灯しているのがわかります。テールライトの固定するマウントはレーザーで作り、3mmLEDを埋め込んで適正な位置に固定しました。

「ON/OFF」スイッチはこの位置に取り付けました。ピンセットまたなどで、横方向に動かすことで操作できます。

最後にすべての動作確認を行って作業は完了いたしました。

▼Nゲージ「KATO 24系北斗星 室内灯+機関車カプラー交換」

順に組み込んでいきます。車体のサイズに合わせてユニットカットしていきます。

こちらの車両には、そのままでは入りませんので、まずユニットの集電部を撤去して薄型に入れ替え加工します。次に、コンデンサーなどの出っ張りと干渉する個所を加工していきます。編成中で最も難しい車体となります。

すべての作業が完了いたしました。

▼Nゲージ「ライト加工 一般加工/特殊加工他、多数」

鉄コレのライト点灯化改造を始め、主にライト加工が中心のご依頼でございます。こちらも順次作業を進めていきます。


▼機関車各種のメンテナンス

主に集電パーツのメンテが中心となります。

その他の機関車類も基本的に集電パーツのメンテが中心となるため、作業写真のアップは省略します。・・・・・

低速でもスムーズな走行が可能となりました。


▼各種ライト加工

ヘッドとテール用にLEDを交換していきます。

電球のタイプです。

LEDへ置き換えます。このユニットへの組込みは少々コツがいります。

ヘッドマークは白色、ヘッドライトは電球色風に点灯。


こちらもすべて完了です。


▼鉄道コレクション ライト点灯化改造

真鍮線を加工して、台車に集電機構を作ります。

ヘッドライトの穴あけを行います。

続いて、「光ファイバー」を埋め込んでいきます。


こちらも台車集電機構を作ります。

続いて、内部パーツをすべて外して加工します。

正面のパーツを分離させます。※右写真

次に、ヘッドライトとテールライトのパーツも分割します。

次に、ボディー裏面を黒で塗装してボディーが透けないように遮光します。※2度塗りしています。

塗装が乾いた段階で、分割したクリアパーツ(ヘッドライト用・テールライト用)を組み込んでいきます。

車体正面をスキャンしてライト位置に合わせたパーツを作ります。

制作したパーツの穴位置に、チップLEDを埋め込んでいきます。あとは、1つ1つ配線を行ってから点灯テストです。

作業はすべて完了いたしました。

▼Nゲージ「C62/DD51/C53/キハ修理+新幹線室内灯」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、単品の各種修理とカプラー加工から作業にはいります。

カプラーポケット内部の接着剤を取り除きます。

アーノルドカプラーもいくつかのタイプがありますので、こちらのポケットに適したものを選択してバネと一緒に内部に組み込みます。


▼キハ パーツのお取り付け

「上級者パーツ、台車取付パーツ、ホイッスル、幌」です。他のパーツはすでに付いておりました。


▼マイクロ C53ヘッドライト明るさアップ+カプラー

低速でもしっかりと明るさを認識できるようになりました。あとは、テンダー側のカプラーを交換してこちらの車体は完了です。


▼Tomix DD51モーター交換

今回の作業では、こちらの機関車に標準搭載されたM-9モーターの交換です。走行テストでは、絶好調に走っていると思いきや、何かをトリガーにぱったり回らなくなります。

モーターを新しいものへ交換します。

モーターを入れ替えるには、車体を完全に分解する必要があります。原因究明は、モーターを入れ替えた後に不具合のあるモーターを分解して見てみることにいたしましょう。

新しいモーターに入れ替えたら、車体を元に戻していきます。

走行テストも無事完了です。さて、不具合の報告されているモーターですが、さっそく分解して内部を見てみることにします。

フライホイールを専用の工具を使って外します。ちなみに手で引っ張ってもまず外れませんし、力をかけるバランスを間違えるとシャフト自体、曲げてしまいますので必ず専用工具を使います。

ハンドルを回すと徐々に押し出されていきます。

ローターを少し引っ張り出して、エンドベルに固定されたブラシの状態を見てみました。見たところ特に問題は見受けられませんでした。

端子に直接配線を行います。

直接モーターを手で持った状態で回転数を「低・中・高」と変えながら、モーターから伝わるわずかな振動から情報を読み取ります。

1つわかったことは、ある特定の位置でモーターを停止させた場合にのみ、再始動できないポイントが存在します。この範囲は大変狭く、正確なデーターはとってはおりませんが、感覚的に十数回に1度の割合で、再始動できなくなります。停止後、少し手で回すと再びモーターは回転を始めます。このようは症状は、コミテーター(整流子)に巻いてあるコイルの一部が断線することでも起こる症状でうが、このモーターのケースちょっと違うようです。

ここからは推測となってしまいますが、恐らくエンドベルに固定されたブラシが、適正位置からほんのわずかにずれていることで、整流子に電流が流れないデッドポイントが存在するのではないかと思われます。あくまでも推測ですけど・・・

試す方法としては、ブラシの位置を微調整しては試すといった方法で確認していくことはできますが、あまり時間をかけれませんので、ここで一旦終了です。それでは、次の作業に移ります。


▼KATO C62 クロスヘッド損傷による修理


▼新幹線200系ナチュラル系室内灯

すべての作業が完了いたしました。

▼Nゲージ「JR四国8000系 台湾鉄道EMU800リペイント」

制作にあたっての資料集めに少し手間取りましたが、ようやく制作に必要な資料がすべて揃いました。特に時間がかかったのは、各車両ごとの車番です。公開されている動画を1つ1つ確認しながら、再生と停止を繰り返しながら、ようやくすべての車番がわりました。

車体をすべて分解して塗装前の準備を進めます。

車体をスキャンを行い、各種車両ごとの「マスキング・データ」を制作していきます。データ制作にあたり、1枚の目の写真のように実写と模型を横並びにして正確な帯位置を割り出します。

「UVクリアーコート」工程

クリアーコート乾燥まで12時間置きます。

完全に乾燥したところで、ボディーを組み戻して完了となります。

作業完了でございます。

▼HO/ナローゲージ「ワールド工芸 デハ3Ⅱ金属キット組立」

かなりの部品点数です。

市販のプラモデルキットとは違い、金属キットでは組立工程が大きく異なり時間も大変かかります。事前に説明書をしっかりと理解して組立工程を考えながら進めていかなくてはなりません。

パーツを切り出しにはタガネを使います。


▼動力部の組立

特に頭を悩ませたのがこのパーツです。

試行錯誤しながらようやく形になりましたが、何度も曲げ加工が必要なパーツは、手順などをしっかりと書かなくては混乱のもとになります。その説明がすっぽり抜け落ちている感じですね。

車輪を差し込む内径が狭いようでして、そのままでは入りませんでした。そこで、ルーターで車輪が入るまで内側を削りました。

次に、モーターシャフトにウォームギアをはめ込んでも固定されません。そこで、瞬着を少量流して固定しました。後部のネジは何のため?と疑問が出てきます。


車輪に伝達するギアのかみ合う面積も小さく、かろうじてギアにかみ合っている程度です。この辺は、なぜぞうなっているかわかりません。

組み方が間違っているのかな?と確認したいとこですが、その図がありません。駆動系は大変重要な個所となりまので、ここは説明書に詳細に書くことが望ましいと思われますね。


少し時間をかけて作業を進めていくことといたします。


駆動系は後回しにして、それ以外の作業を順次進めていきます。


▼塗装工程

ボディーの脱脂を念入りに行ってから金属プライマーを車体に吹き付けます。


大変難航したキットでございました。まず、このキットの最大の難点は、組立に関する説明図があまりに少ないことです。どのようにしたら目的の形状になるのかな?といった感じでその手順がすっぽり抜けている個所が随所に見られます。やはり組立説明書で見やすいのは、テキスト文章の多さよりも図の多さだと思わらます。

特に苦労したのは駆動系です。そのまま組んでみましたが動きません。その後、何か組立にミスがあったのではと思い、幾度となく分解と組み立てを繰り返しましたが、やはりスムーズに回りません。そこでじっくり検証してみると、問題となっている個所が随所に見えてきました。ここですべて書くと長くなるので省略します。

そこで、問題となっているパーツに加工を施してから、組立と調整を何度か繰り返しながら、どうにか回るようになりました。絶妙なセッティングができないと回りません。特に駆動系は重要な個所でもありますので、誰でも容易に作れる設計が求められると思われます。また素材の特性上、補強部分が足りていないところが見られます。

なにかと苦労しましたが、どうにか作業は完了です。

▼Nゲージ「KATO 流鉄5000形リペイントあかぎ、加工他」

前回の「さくら号」制作に続き、次は「あかぎ号」の制作となります。

それでは分解していきます。

ボディー側の部品はすべて外します。

分解が終わったところで、M車に電圧シフト加工を施します。最近のモーターは性能が良く、LEDが点灯する前に動き出してしまいます。そこで、モーターが動き出すタイミングを後ろにシフトすることで、LEDが点灯が点灯する前に動き出すことのないようにできます。特にあとから電球色LEDまたは、白色LEDに交換した際にこの現象が多く発生します。

まもなく完成。

最後に車番とヘッドマークを取り付けて、車体全体をクリアコートして完成となります。

UVクリアーコートを終えて、12時間ほど自然乾燥させて完了となります。

排障装置の取り付け

車両を組み戻して完成となります。

すべての作業が完了でございます。完成!

▼鉄道模型・その他「発煙装置の制作」

まずは試作を作るところから始めます。発煙する仕組み自体は単純ですが、Nゲージにユニットを組み込むには、車体内部を大幅に加工しない限り組み込むことが困難となります。いかにユニットを小型化できるかが大きな課題となりますが、当然ながらユニットが小さくなれば、連続して発煙できる時間が短くなります。

今回は、身近にあったKATO製蒸気機関車C11のボディーを使って実際に組み込めるかをテストしてみます。

それでは、発煙装置に必要な素材を入手するところから始めます。

ニクロム線(ニッケルクロム1種) 0.2mm

・線径 :0.2m
・条長 :5m
・最高使用温度 :1100℃
・導体抵抗 :34.3Ω/m (許容差±8)

ニクロム線にかける電圧による発煙の違い

20mmを巻線にして実際に電圧をかけて発煙具合を見てみました。

3.5V付近から発煙開始が確認できました。細い線状に煙が上がり始めた程度です。そこから4.5V付近まで上げると発煙量はかなり増えてきました。7V付近になるとモクモクと煙を上げ始め、充分な発煙が確認できました。それ以上は必要ないと考え、3.5~7Vあたりで回路を制作していきます。


ニクロム線2次加工

ニクロム線に身近にあった素材を巻き付けて発煙状態を確認してみました。不燃綿、不燃ペーパー、その他・・・。不燃な吸収素材であれば何でも構いませんが、内径5mmの筒状に適正な位置に配置するのは少し難しいですね。

いろいろ試している中で、たまたま近くにあった物がニクロム線に触れて溶けて固形化。これが偶然の産物として発煙効果を上げることになりました。この固形化した物質は、発煙剤を適度に吸収する効果もあるようで、持続的な発煙が見られます。

数分の連続した発煙テストでは、焦げることなく安定した発煙を確認できました。もう少し様子を見てから本当に適した素材なのかを見極めていきます。

低い電圧でも煙が上がっていきます。


それでは発煙ユニットを形にして、実際に機関車に組み込んでみることにします。

「長さ:20mm/幅:6mm/高さ:5mm」でユニットが形になれば理想ですが、そううまくはいかないでしょうね。

▼うごく工作シリーズ「まもなく完成」

現在発売中の「たのしい工作シリーズ」の第二弾として「動く工作シリーズ」を来年2月初旬より発売予定です。まだ試作段階ではありますが、さまざまな拡張性なども考慮しながら設計を進めております。

当店のキットシリーズは、「組み立てはちょっと苦手」といった方でも、完成まで辿り着けるようなキット構成となっております。今回は動く工作シリーズとなるわけですが、組立てが難しいものとならないように注意しながら進めています。

これをきっかけに、一人でも多くの方に工作の楽しさを知っていただくきっかけとなれば幸いです。


▼せんろ設計・直線/曲線

実は、せんろもキットなんですよ。1つ1つのパーツを組み合わせることで、1つのせんろが出来上がります。

それでは全体のせんろ設計が終わりましたので、実際にパーツを切り出してみます。ここでは組み立てやすさなどを検証していきます。

パーツ同士のはめ込み具合をも少し調整するくらいで、特に問題はないようです。

遊ぶときは連結枕木を使ってせんろ同士をつなぎます。

お次は曲線です。狭いスペースで充分回れるようにします。


▼動力車の制作

せんろができたところで、いよいよ動力車です。


▼ボディーキット

設計が終わったので、レーザー切り出して組み立てやすさなどを検証していきます。

もっとも重視していることに、部品点数が「30パーツ」を超えないように設計しております。あまり多くなりすぎますと、作る前から「これは自分には無理」となってしまいますからね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出来上がった線路をつないで、走行テストを行ってみます。

いくつか改良が必要な点がございました。


▼車輪データ修正

モーター車用は、上記のようにギザギザを追加しました。また、フランジのテーパーも調整しなおしています。


▼曲線半径をR300 -> R400へ

曲線半径がR300でギリギリ走行は可能でしたが、ややキツそうです。そこで、最低半径をR400へと規格変更しました。

▼HO/16番ゲージ「カツミ 旧製品583系修理+白色室内灯」


▼M車修理

まずは、モーター車(2台)の修理から始めます。

まず1代目は片台車の不具合のみでした。問題はもう1台のM車です。

個々のモーター内部のオーバーホール行いブラシ圧を調整して、確認とテストを繰り返していきます。

ようやく回るようになりました。


レールに乗せて動作確認を行って問題なければ完了です。OKです。

▼白色室内灯組込み

既に取り付けてある室内灯を取り外してLEDへ置き換えます。

そのままでは不安定となるので、台座を作ってから取り付けております。

その他の車両も同様に組み込み終えました。作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「 中村精密 EF80 連結機の高さ調整」

現在装着されているカプラーをKATO製客車に高さを合わせる加工となります。現状は、機関車側の連結器の高さが「2.0~2.5mm程度」高くなっており、KATO客車と連結すると走行中に外れてしまとのことです。

作業にあたり、外せるパーツは事前にすべて外しておきます。

削る部分をマークしておきます。

マークした個所をルーターで削ります。

「ニュートラル・グレー」で回りをタッチアップします。

高さを調整するスペーサーをレーザーで切り出します。

ほぼ同一に近い位置まで調整できました。連結もしっかりとかみ合っています。作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「 安達製作所 C57 ヘッド・テール点灯化改造」


▼作業開始

まずは、機関車側から作業に入ります。

分解していきます。

正面も外します。この状態からドリルでライトに穴をあけていきます。

ルーターに球型ダイヤモンドビットを取り付けて、中央にあたりを付けます。

1mm程度の深さで十分です。

裏面の赤で囲った個所を一部削り落とします。

モーターの両端にセラミックコンデンサーを取り付けます。

ヘッドライトを削った個所に絶縁剤を塗布してチップLEDを埋め込みます。

次に透明樹脂を少量流して固めます。最後に組み戻して点灯テストを行い機関車は完了です。次にテンダーのテール点灯へと作業が移ります。


▼テンダー側テール点灯

穴あけ位置にあたりを入れます。

ドリルで開けた穴に1.5mmの光ファイバーを通します。

内部にLEDを固定します。通常、テンダー側はで片極のみ通電を行い機関車側に送りますが、今回の作業ではテンダー台車に集電加工して両極集電できるようにしております。結果、機関車を連結しなくてもテンダーのみで点灯も可能です。

このようになります。作業完了でございます。

▼Nゲージ「Tomix EH500 正面ステップ(反射板フック付きパーツ」

こちらが標準のステップがついた状態です。Tomixではこのステップが取り外せるように別パーツかされていますので、取り外すことが可能です。


こちらのパーツをフック付きのステップに作り変えます。

▼Nゲージ「KATO E231系 電連パーツ製作・取付」

今回の作業では、すでに取り付けされているTNカプラー(電連なし)に電連パーツを取り付けるものです。

このような部品を作ります。このあと黒に塗装したあと、カプラー連結部のそこに取り付けます。

写真の赤丸で囲った部分にわずかな突起があります。そこに合うようにパーツを制作しましたので、出っ張りに合わせてゼリー状瞬間接着剤を少量の出てパーツを固定します。

このようになります。作業完了でございます。

▼Nゲージ「GM 近鉄19200系 インテリア照明点灯化改造」

さて、今回の作業では内装のインテリア照明をすべて点灯させるものです。構造を確認するため一旦車体を分解してみましたが、そう簡単にはいかないようです。まずは、TNカプラーと室内灯の取付けを先に行ってから、じっくりと考えて作業を進めていきます。

次にランプをどのようにして点灯させるか考えていきます。

いろいろテストをしてみた結果、既存のクリアパーツでは光がほとんどまわらないことがわかりました。そこで、個別にチップLEDを配置する方法で行うことにいたしました。

試しに1つチップLEDを上向きに埋め込んでみました。SMD「3020」が隙間なく、ぴったり収まりました。


インテリア照明のパーツを制作します。このあと、3Dプリンターで「素材:クリアブルー」を使い出力します。

作業完了まであと少しです。

作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「宮沢模型 C54 蒸気機関車修理」

台枠が完全に折れてしまっていますので、まずはここから直していきます。

適正な位置に合わせて結合します。

ここから各部のパーツの修復と調整を進めていきます。まずはロッドを外して破損している部品を再生します。

問題となっている個所が多岐に渡っており、当初考えていた以上に作業は難航しています。

2本のプライヤーを使い、ずれを補正していきます。これがすごく難しいです。


半日程度で終わると考えていた作業も、完全に泥沼にはまりました。ただ、こうした沼にはまることはよくありますから、問題解決の過程は今後おおいに役立ちます。ここは長期戦でじっくりと見ていくことにします。


問題となっていた個所を1つ1つ解決して、よやくテスト走行まで持ち込みました。10~20分程度、連続走行を行い問題がなければボディーを組み戻します。

機関車だけでなく、テンダー側も通電が著しく悪く問題を抱えているようです。テンダーをつなげると走行が著しく不安定になります。

接続部も1つ1つ見ていきます。また、センターピンがないので追加加工していきます。

最終走行テスト

回転にやや重さを感じますので、もう一度分解して微調整します。

すでに経年劣化委により各部の金属がもろくなっている個所が随所に見られたこから、その都度はんだで補修を行ったりABS板を切り出して床の補強を行ったりと、修理した個所がかなり広範囲に及びました。

各部の微調整を行い再び走行テストです。

部品修復からメンテおよび各種セッティングまで一通り行いました。ようやく作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「キハ52/80/82/ナハフ20 修理+加工」


▼キハ82ライト不点灯修理

ヘッド・テールともに点灯確認OKです。


▼キハ80動力車修理

まずは通電させて問題となっている個所を特定します。

ドライブシャフトが完全に滑っています。フライホイール内のソケットが割れているようです。このままでは作業できないため、すべて分解します。

シャフトと各種パーツを取り出します。

個別のパーツを修復してテストします。

何度か調整を加えながら、正常に走行できるまで繰り返します。

問題ないことを確認できた段階でボディーを戻していきます。

無事に走行できるようになりました。


▼ナハフ20カプラー加工

取り外したカプラーです。

こちらのカプラーに置き換えます。上に載っているのは外したカプラーです。

カプラーを組み立てます。

既存の穴位置に合わせると、やや後ろ寄りになってしまいます。

ピンバイスで少し前の位置に穴あけを行います。

最後に高さ合わせのためのスペーサーを挟み完了です。


▼キハ52車内へ人形配置

まずは、運転席に人形を配置します。

続いて乗客です。

すべての作業が完了しました。

▼HO/16番ゲージ「エンドウ 489系0番代白山 マーク白色点灯加工」

まずは、裏面のねじを外します。

床下を外すとさらにネジ止めされています。

ボディーと床下を分解できました。

中央がヘッドマーク用のライトです。

配線をほどいて、ヘッドマークのみ取り出します。

電球は内部でゴム系ボンドで接着固定されているようですから、隙間にマイナスドライバーを入れて少し持ち上げてからプライヤーで引き抜きます。

無事、電球を取り出せました。

次に、白色LEDを既存のユニットサイズに合うように加工します。ここで注意しなくてはならないのは、遮光ユニットが金属であるため、LED端子が直接触れないようにする必要があります。また、光を拡散するように金ヤスリでLED断面を削ります。

作業完了でございます。

▼Nゲージ「Tomix 小田急VSE 塗装補修」

まずは、帯の補修からです。

側面を洗浄後に本体の基本塗装を落とさないように、後から上塗りされた赤帯のみを慎重に落としていきます。

帯色を選択します。

こちらの色に決めました。

違和感なく元の色にマッチしました。

続いて屋根の補修を行います。屋根の一部を塗装されているとお伺いしておりましたので、洗浄作業後に同一色で塗りなおします。

屋根のグレー塗装が写真のようになっています。こちらも補修します。

屋根前方も若干ウェザリングされているのか、黒の汚れが所々目立ちます。本体色に影響しないように、こちらも慎重に落としていきます。

所々、塗装のはみだしがあるのでカッターを使い削り落とします。

マスキングして横にスライドさせる形ではみ出た塗料を削ります。上記写真のようにまっすぐなラインとなりました。

下処理が終わったのでリペイントしなおします。

このようにきれいな屋根上となりました。

他の車両の屋根面も部分的に塗装が剝がれて目立ちます。最終的にすべての車両でリペイントを行う必要がありそうです。

もう1台の先頭車も仕上げます。こちらも塗装前に塗料のはみだしや汚し塗装などすべて削り落としてきれいにしておきます。

ほかの車両も同様に補修を行いました。

作業完了でございます。

▼HO/16番ゲージ「カツミ EF-80/475系他、修理」

古い製品ではございますが、外観は比較的きれいな状態です。大変大事に扱われてきたのだと思います。

まずは分解して1つ1つ手を入れていきます。少し時間をかけて進めていきます。

まだ時間はかかりそうですので、機関車の作業はいったん止めて、その他の車両を先に進めます。

車軸に歪みがあり、不規則な回転を繰り返しています。いったん分解してこちらも見ていきます。

中間台車にも問題があるころから、こちらも調整する必要があります。

この状態で低速から中速域まで回転させてギアの状態など見ていきます。もう少し調整が必要なようです。もう一度分解して微調整します。

復活です。


▼駆動システム換装

これを475系に換装します。

新しい床下に再配置します。

ん??、車輪が回らない!

おわかりいただけるでしょうか、台車の駆動シャフトが大きく曲がっています。通常、モーターによる力でこれほど曲がることは考えられません。恐らく人の手で誤って曲げてしまったのではないかと思われます。

実際に部品を取り出してみるとよくわかります。大変重要なパーツだけにここまで曲がってしまうとギアがかみ合いません。一度曲がってしまったシャフトを元の状態に戻すのは至難の業です。

手先の間隔だけで、プライヤーでシャフトを戻しては回転テストを繰り返すこと数十回、どうにか許容できる範囲に収まりました。歪みがあると異音が発生したり、スムーズに回ってくれませんので大変でした。

最終調整により、台車内部から出ていた異音もほぼ消えました。

試走ではスムーズな走行を確認できました。

最後にカプラーを取り付けて完了です。

すべて作業が完了しました。

▼ENDOコントローラー修理「EP-50 DC POWERPACK」

個々の電子部品を取り外して動作確認を行います。

最終確認として、負荷の大きい車両でテストします。

昔の縦型モーター2機搭載の車両で、往復50回程度テストします。

低速から高速まで安定した走行を確認できました。作業完了でございます。

▼Nゲージ「マイクロ 新幹線0系 カプラーor連結器? 脱線問題」

次のご相談は、基本と増結で走行させると必ず脱線するとのことです。いくつか脱線の要因は考えられますので、まずは検証してみます。

こちらの製品は、車両と車両の間隔がずいぶんとひらくようですね。

16両すべての連結器と台車を細かく見ていきます。

左右に曲げてカプラーの可動状態を見ていきます。

横方向へのカプラー追随テストです。この動きはクロスポイントなどで発生する動きです。

上下方向へのカプラー追随テストです。この動きは勾配区間の始まりと終わりで発生する動きです。

まずは、手作業で1両ずつ違和感なくスムーズに可動できているか見ていきます。


カプラーの制作

現状の形状を読み取ります。

次に3Dデータに置き換えてからカプラーの連結部の形状を改良します。ぴょん太(改)

車両の間隔も小さくなり見た目が断然よくなりました。

可動範囲も広がって動きもよりスムーズになりました。

さらにデータを修正して、あと1mm程度短縮します。

試作を作っては、実際に車体に組み込んでテストを行い、また修正するを繰り返し、ようやく完成です。

標準カプラー(下)による車間と、奥が今回制作したカプラー改(上)です。

全車両に組み込んでいきます。

M車と連結して走行具合を確認していきます。台車もすべて点検と調整を行いました。

ようやく、16両すべて作業完了です。

▼Nゲージ「イギリス型機関車他、修理まとめて」

3台とも走行不良ということでで、早速分解してお直ししていきます。

問題となっている個所を特定するため分解していきます。

手で回しまながら1つ1つ確認していきます。

台車も分解していきます。

歪みをプライヤーで戻していきます。

いったん組み戻してから、台車が抵抗なくスムーズに回転するかを確認します。問題があれば再度分解して調整と確認を繰り返します。

3回ほど分解と調整を繰り返して、スムーズな走行が可能となりました。


こちらはマイクロ製です。分解前から、状態からてこずりそうな気配がします。

状況を確認するためのテスト走行です。車体内部から「ガリガリ音」がして前に進みません。

モーターと台車ともに問題をかかえているようですので、対処します。

こちらの車体は、問題個所が複数あったことから作業はやや難航しました。特に異音が酷く音を発生させている出元を探るのが大変でした。

こちらも無事に作業完了です。


さて、問題はこちらです。まったく反応しません。

モータも回らないようです。

どうにか手を加えて回転をはじめました。この状態で、中速で「正転・逆転」をそれぞれ10分程度のならしをおこないます。

最後に台車をすべて分解して集電系をすべてメンテを行っていきます。

モータの回転と集電の安定を確認しながら最終調整を行います。

若干走行に違和感はあるものの、おそらくそういった車両なのでしょうね。作業はすべて完了しました。

▼Nゲージ「展望車 室内灯組込み・コンテナ制作」

こちらの車両の場合は、ヘッドライト部の導光材が邪魔をしてしまい、そのままでは室内灯が入りません。そこで、室内灯ユニットを加工する必要があります。

まずは、天井に付いた導光材を取り外し分解します。透明のパーツは使いませんので、外します。

室内灯は上記のように切り離し線でつなぎ直します。写真では両サイドに配線していますが、正しくは中央2線でした。

このように、中央のヘッドライト用の導光材を避ける形で室内灯ユニットを配置します。

真上から見るとこんな具合に配置します。

無事、室内灯の組込みは完了です。次はコンテナの制作に移ります。


コンテナ制作は、全3種の各6個ずつで計18個作ります。

デカールを貼る前に洗浄します。

「キュキュット泡洗浄」をまんべんなく吹き付けて、このまま20分ほど待ちます。

しっかりと洗剤を流します。

すべてのデカールを貼り終えて、クリーアを3~5回ほど吹き重ねました。作業はすべて完了しました。

▼Nゲージ「Backman TGV & Amtrak 951 修理」

まず現状を確認しましたが、かなり状態はよくありません。経年劣化により、台車のギアはほぼすべて割れています。また、ダイキャストも亀裂が多数入っています。修理にはかなりの時間がかりそうです。この手の車体は、パーツの入手ができないので、ギアも1から作りなおさなくてはなりません。

金属に多数の亀裂が入っています。崩壊する前に対処する必要があります。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ほぼすべて割れています。これにより、ギアが噛んでしまい車輪がロックしています。

Amtracの機関車も状態が良くありません。直さなくてはならない箇所が多数に及びます。こちらも修理にはかなり時間がかかりそうです。


ダイキャストが変形・膨張しているようで、なかなかボディーが外れません。

亀裂に浸透性の高い接着剤を流し込んでいきこれ以上の崩壊を防ぎます。

ネジを挟み込む絶縁ソケットも途中から砕けてなくなっています。

台車からはギアオイルが垂れていますし、本体内部もグリスがベタベタな状態です。まずはこれをすべて取り除くところからです。

また、作業を難しくしているのが、台車自体分解できない構造となっていることです。通常は、ネジまたはツメで固定されており容易に分解できる構造となっていますが、こちらは分解することを想定していないようで、台枠は接着および溶着されており分解できないようになっています。

溶着された箇所を強制的に剥がしてから、車輪とギアを取り出します。

現物のギアを読み取り、形状とピッチを読み取り3Dデータを作りました。このあと3Dプリンターで出力します。

手前が、Backman TGV用で奥がAmtrack用です。当然ながら形状が異なりますので、それぞれ設計して作りました。

こちらが、Amtrackの台車です。

新たに3Dプリンターで作ったギアです。

1つ1つ組み込んでスムーズに回転するかを確認していきます。

台車をすべて組み戻して、手で少しづつ回しながらスムーズに回転するかを確認していきます。問題があれば、ギアの設計からやり直しです。

Amtrackの方も、TGVと同様の問題を抱えていますので、こちらも並行して作業を進めていきます。

調整と分解を繰り返し行いながら、1つ1つ確認していきます。

どうにか走行できるまでお直し出来ました。なお、パンタおよびカプラーも可能な限りお直しいたしました。作業完了でございます。

▼Nゲージ「宮沢模型 U41A金属キット組立」

まずは、金属パーツを切り離します。

切る取った箇所を1つ1つルーターで削って平らに慣らしていきます。

プラパーツもバリがたくさんついているので、こちらも切り取って平らにします。

屋根面の曲げ加工です。丸いものであれば基本的になんでもよいです。

まずは、本来曲げたいRよりもきつめに曲げます。

こんな感じです。

次に本来曲げたいRに近いものを使います。

中央に力をかけると自然と緩いRができます。

そうすると、このようにきれいな屋根のRを作ることができます。