▼スナイパーライフル「ARES XM2010/MSR338」※ロングフルカスタム

今回の作業では、外装/内部すべてにおいてフルカスタムを施していきます。


▼QDサイレンサー装着

こちらのお品は現在入手困難となっております。

ACTION制M14 MPX QD タイプ G&PKINGARMSUFCVFC S&T」 ※仕様:14mm逆ネジ対応/全長:250mm,幅:38mm

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-img640x360-1565792084fn1fex1193020.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-img640x360-1565792084kkhs6m1278445.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-img640x360-1565792084psnmxv1196041.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-img640x360-1565792084vjwobb1140121.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-img640x360-1565792085ocxuuq1193009.jpg

▼水平器付きデュアルリングスコープマウント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61Zyl9w4EaL._AC_SL1500_-1024x849.jpg

おなじみの「ピカチニーウィーバーマウント」です。


▼タクティカル・グリップ

ライフルには計2個の「タクティカル・グリップ」を装着する方向でカスタムを行っております。こちらがその1つでレシーバー寄りに付けるグリップです。

タクティカルグリップ「Broptical MDBL SE5 タイプ」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CIMG0023-2-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CIMG0024-1-1024x768.jpg

取付には内面を少し削る必要があります。現状確認を行いながら削り込む量を調整していきます。


▼M4用スナイパーグリップ装着

こちらは、前回の加工記事「ARES XM2010/MSR338 ショートカスタム加工」と同じとなりますので省力します。


▼三脚とホットシュー雲台

続いてライフルを固定するための3脚と雲台の取付です。

チタンボルト(M5x30mm)となるように加工し先を黒で塗装

適切な位置にテーパードリルで穴あけ

ホットシューにスペーサ(1mm)を挟みチタンボルトを通す

左右にぶらないようにしっかりと固定。

三脚側ボールジョイントはホールドし、上部のジョイントで調整。

▼トリガーボックスの調整

まずはトリガーを「マットブラック」にリペイントします。このあたりは好みがわかれるところです。

塗装過程は省略します。塗り終わったトリガーと安全装置ピンです。


▼サイドレール拡張


▼ゴールドリング・ビス止め

塗装前にビスを「シリコン・オフ」で洗浄


プラサフで下地処理 をした後、30分程度乾燥 


「つやあり黒」で2~3回に分けて薄く塗装


M5ビスが通るようにリング径を広げる


全部で24個作成し先に塗装しておいたビスと組み合わせて使用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。