▼Nゲージ「GM 京急新1000形 前面種別点灯化」

加工費:3,200円/両 ※電飾特殊加工

あ!GMは個別にクリアパーツが入っていないんでしたね。1カ所だけならピンバイスで穴あけを行うところですが、3カ所個別に開けるとなるとちょっと大変です。そこでここはあえて切り出して、パーツ自体を作った方がよさそうです。


まずは、パーツをスキャンします。ユニット全体を作り替える場合は、3dプリンターで行いますが、今回はユニット前面の上部分のみですから、レーザー加工機用のパーツとして制作いたします。

上記のようなパーツを作りました。それぞれのパーツを重ね合わせて1つのパーツとなります。ちなみに下側が透明パーツとなります。

ニッパーで切り離します。

切り出した面を平らにならします。

制作したパーツを取り付けるとこのようになります。

上の写真のようにヘッドライト用の導光材との仕切り板(遮光)を作り組み込みます。続い一番右の写真、面実装タイプの白色LEDを上向きに取り付けます。

下をマスキングしてからアルミテープを上に被せる形で貼ります。

こうすることで、内部で光が拡散され、導光材なしでも全体に光が広がります。

点灯具合は良さそうですので、あとはシールを貼り正面のパーツを取り付けて完了です。

このようになりました。作業完了です。

“▼Nゲージ「GM 京急新1000形 前面種別点灯化」” への2件の返信

  1. タヌ より:

    いつも有難うございます。凄い技術で感動です。また宜しくお願い致します。

    1. pyontetu より:

      この度はご依頼いただきまして、ありがとうございました。
      また何かございましたら、お気軽にご相談ください。
      ぴょん鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。