▼Nゲージ「KATO リマロコモティブ GS-4 修理」

今回は、トラクションタイヤ交換と動力不調(動かない)とのことでご依頼をいただきました。

まずは、トラクションタイヤの交換からです。実際に切れてしまったのは1つですが、もう一方も既に白く変色し劣化していますので、左右ともに交換します。

スポークにマイナスドライバーを入れて軽く持ち上げます。ここで注意しなくてはならないのは、均等に持ち上げる点です。1点だけで持ち上げてもなかなか外れません。

はい、外れました。

次にトラクションタイヤをはめるわけですが、ここにもちょっとしたコツが必要です。上記のように1点を固定してピンセットで引っ張ります。タイヤが動輪の径よりかなり小さいと失敗しますので、成功すまで何度もチャレンジします。

ロッドの角度を調整していきます。適正な角度で固定しないと車輪が回らなくなります。

ロッドの位置を調整して、上から圧をかけてはめ込みます。ようやく片側終了です。トラクションタイヤ1つ交換するのもこの手の車両は大変です。もう片側も同じように作業します。

続いてモーターが動いたり止まったりする原因を調べます。1つ1つ集電箇所に電圧をかけて問題個所を特定します。

どうやら機関車側に問題があるようです。

機関車中央の金属部分に問題がありました。ここに対策を講じておきます。

最後に車輪をすべて磨き出しておきます。

正常に走行可能となりました。作業完了です。

“▼Nゲージ「KATO リマロコモティブ GS-4 修理」” への2件の返信

  1. 村上英克 より:

    依頼主です。
    電車やEL・DLは自力で交換はできますが、蒸気機関車は自信がありませんでした。
    流石です。
    ありがとうございます。

    1. pyontetu より:

      この度はご依頼いただきまして、ありがとうございました。
      蒸気機関車のトラクションタイヤの交換では、基本的にロッドを一度外す必要が生じます。
      機関車によってロッドの外し方が異なりますことから、今回の機関車では組み戻す際に再度、左右の角度を適正な位置に調整する必要がございます。
      また何かございましたら、お気軽にご相談ください。

      ぴょん鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。