▼Nゲージ「機関車修理いろいろ+客車加工他」


それでは早速作業に入ります。まずは、トミックス製DD51からです。現状は、まったく動きません。

分解していきます。

台車を返さず直接集電板に電気を流しても動きません。

さらに分解します。

この状態でモーターとの接点を確認してみると周りに金属の削れたものが付着しており、集電板も正しい位置についておりません。

鉄粉を取り除いてから集電板を本来の形状に戻してから正しい位置に差込みます。

作業完了です。


さて、続いては旧製品のトミックス製DE10です。まずは折れてしまったカプラーを復元します。

この時代のカプラーは、マグネットで連結器が解放するタイプです。解放機構を活かす形でカプラーを直します。

このように折れた個所をニッパーで切り取って、ルーターで削って平らにしておきます。カプラーが直ったところで走行機能の復活作業に入ります。

前後の車輪から集電バネまで1つ1つメンテを行って集電系を復活させます。また、前後のトラクションタイヤも共になくなっているので新しいものを取り付けます。

続いて、ご要望のヘッドライトをLED化いたします。

古い製品ということもあり、走りが多少ぎこちない感じもしますが、現状可能な限り対応させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。