▼Nゲージ「TOMIX ロイマニ制作」

まずは、車体をすべて分解してボディー加工の準備を行います。

穴埋めする形状に合わせてレーザー加工機でパーツを切り出します。それぞれ0.3ミリ厚のプラバンを2枚重ねて0.6mm厚にして窓とドアを埋めていきます。事前に裏面にも貼っておきます。

幌爪の穴も埋めていきます。

プラバンで窓・ドアを埋めて、淵にパテを持っていきます。それからペーパーで平らにならしていきます。

ボディーの研ぎ出しをすべて終えて、念入りにボディー洗浄を行って、このまましばらく乾燥させます。

さて、このあとサーフェイサーをボディー全体に吹き付けてから、「基本塗装->デカール貼り付け->クリアコート」と作業を一気に進めていきます。

塗装準備にはいります。

第1塗装ブースに移動して、サーフェイサーを複数回に分けて吹き付けていきます。

1回目は、全体に薄く吹き付けて、乾いたら吹き付けるを数回繰り返していきます。

本体色として、調合したクリーム色をエアーブラシで吹き付けていきます。

塗装が終わったところで、デカール貼り工程に進みます。あともう少しです。

データに一部修正を加えて印刷しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です