▼ガタッごっとん2!

約10年近く前に制作された「ガタッごっとん!」の後継となります。今回は実物車両同様の2両バージョンです。2021年8月1日より「流山市立 森の図書館」にて約1カ月ほど走行展示を行ってまいります。

▼ボディー制作

縦置きバッテーリーを3基装着できるようになります。※全容量:2,800mA x 4本 x 3基 = 33,400mA/出力:5V/2.7A


▼線路について

線路につきましては、以前の展示で制作したものをそのまま使うことにします。


▼制御回路の制作


▼ホームの制作

2両用ホームも制作します。

▼プログラミング

テストも含めて約3日ほどかかりました。プログラム直後はセンサーからの信号を無視してひたすら「前進、前進!」でしたが、今は修正も終わり完全自動走行となっています。また、電圧低下時の緊急停止プログラムも追加しておきました。

▼現地でセッティング

現地で早速テスト走行してみたところ、正面の10mm厚ガラス板によりモーションセンサーの感度が著しく落ちてしまう問題に直面しました。

ただ、まったく反応しないという訳でもありませんので、改良版が出来しだい対応していきます。


ヘッドマークも作ります。


▼2号機の制作

続いて2号機の制作です。

バッテリーユニットは、3個から4個に増設されました。※長時間用

▼赤外線中継器の制作と組込み

赤外線モーションセンサーに変わるマイクロ波レーダーセンサーを組み込むため発注しましたが、到着が大幅に遅れているため、急遽赤外線センサーの中継器を作ることにしました。

車体側には新たに赤外線受光モジュールを取り付けました。中継器から赤外線を受信してマイコンに送ります。これによりセンサー感度の低下による問題が解決しました。


何事もなく無事1カ月の展示を終えることができました。回路の消費電力効率化についてはまだまだ改良の余地が残されているようです。限られた電池の容量を最大限活かせるよう改良を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。