▼Nゲージ「EH500-901 Ver2.0」

数年前に制作した「EH500-901」の改修版となります。以前制作したものは→こちらに掲載してございます。

▼車体正面の修正

▼屋根面の修正

▼側面の修正

▼パーツの組立作業

出来上がったパーツを組み合わせていきます。

▼他社のUVレジンでも試してみる

出力後の品質および収縮具合を確認してみます。

ELEGOO 光造形3Dプリンター用 UVレジン
NOVA3D 光造形3Dプリンター用 UVレジン

ただいま、到着待ちです...

▼お品が届いたので早速テスト印刷です

さすがに「ホワイトレジン設定」そのままではうまくいきませんでした。パラメーターをいろいろ変えながら最適な値を見つけていきます。

結果は良好です。お色がグレーということもあり、この後の成形がしやすいのと従来のレジンに比べて強度がアップしている感じです。また、露光段階での光の漏れが少なくモールドがしっかり出力できています。

さらに露光時間を微妙に変えながら出力結果を確認していきます。どうやら露光時間は限界ギリギリまで短かく設定した方が良い気がします。ただし短すぎると硬化不良で落ちます。上記はかなり短めの6~8秒になっています。結果は8秒が一番よい結果が得られました。逆に長すぎると細かなモールドが埋まってしまったり、ラインが太くなるようです。

最終的に出来上がったものが、こちらになります。写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、ライト周りの極細のモールドもしっかり再現できました。従来の樹脂では細いモールドが埋もれてしまいましたが、今回新たに入手した樹脂およびプリンタ設定により改善されました。パーツとしてこのまま使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です